スポンサーサイト

2012.03.30 Friday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    神様のカルテ

    2011.10.08 Saturday 23:11
    0
      JUGEMテーマ:読書


      久しぶりに本を一冊読破した。

      母のお見舞いに行っても手持ち無沙汰な時間が多かったので。

      最近本なんて読んでないから何を読んだらいいか分からなくて、そしたら″神様のカルテ″が目にはいった。
      CMで映画化されてるのも知ってたし、ま、読んでみるかぐらいの気持ちで。

      人の生死に関わる内容だから、今の私の状況からして読むべきか少しだけ迷ったんだけど。

      主人公は夏目漱石を愛するちょっと変わったお医者さん。

      病院では変人扱い。

      口では病院や社会に対する不平不満ばかり言っているが、患者を誰より大切にする優秀医者。
      主人公を取り巻く人達が個性的で、でもどこか温かくて

      自分の生き方や現状に悩みながらも明るく前向きに生きる姿が読んでいて気持ちいい。

      亡くなっていく患者に何が出来るのか悩む主人公に

      私の母もこんな先生に診てもらえたらなぁと思ってしまった。

      実際、患者や家族の心をサポートしてくれる様な医者は少ない。一生懸命に治療してくれるけど治療方法がなくなると結構バッサリ切られるんだよね。


      実際医者が何をどう感じているのかは分からないけど。

      神様のカルテ、読み終えた後

      心がほっこりと温まりました。
      category:★novel | by:あひるcomments(0) | - | -

      11センチのピンヒール

      2008.07.09 Wednesday 18:36
      0
        JUGEMテーマ:読書


        11センチのピンヒール

        普段、携帯小説は買わないんだけど(立ち読みですます オイ!)
        ジャケットが可愛くて思わず買ってしまいました。

        人それぞれだと思うけど、私はおもしろくて一気に読んじゃったな。

        仕事 恋愛(お金)友達

        主人公のリコはどれもあんまりうまくいってないんだけど
        周りにかっこ悪いところを見せたくないから嘘に嘘を重ねてっちゃうんだよね。
        その嘘をついちゃう気持ちが
        女の子だったらちょっと共感できるんじゃないかな
        なんて思った。

        またリコを純粋に愛してくれる男子校生がいいんだよねー!
        年下good!
        でも高校生は犯罪か!?
        現実はあり得ないけど、妙にぐっとくる。


        あぁ、折れちゃいそう、私、ポキッと、

        この、11センチのピンヒールいみたいに。


        この台詞気に入りました。
        ポキッとっていいね。
        私の場合ボキッって感じかもしれないけど(要は可愛らしくないということ)

        ◎ワンクリック募金『地球&貧しい人々を救って下さい!』
         ↓


        ◎人気ブログランキング『清き一票を!ポチっとな。』
         ↓
        人気ブログランキング
        category:★novel | by:あひるcomments(0) | - | -

        携帯彼氏 Kagen

        2008.03.28 Friday 00:22
        0
          JUGEMテーマ:読書





          久しぶりに本の紹介〜♪

          携帯彼氏 Kagen

          本屋さんにピンクと水色のかわいらしい本があったので、ちょっと気になってパラパラと読んでみた…ら、

          怖!

          恋愛小説かな?って思ったんだけどホラーなんだよね!

          これが読み始めたら止まらないのなんのって。
          結局立ち読みで上下巻とも読破してしまった…。どんだけ暇なんだ…。
          あ、1日で読んだわけじゃないので!フラフラ〜と寄った本屋でちょこちょこ読みました。

          ●感想などなど………………………………………………………………………

          今流行りの(?)携帯小説が書籍化したものらしいのですが、マジで携帯で書いたの!?ってくらい良くできている。

          ストーリーは、リング(鈴木光司)に似ているのかな?ビデオを見ると死んでしまうってのが、自分の携帯に『携帯彼氏』をダウンロードすると死んでしまうに変わったもの。

          『携帯彼氏』とは、自分の携帯に自分好みの男性の顔をダウンロードし、話をしたりする事でラブゲージを上げていくというゲーム。
          だけど、ラブゲージが100or0になった時…

          こんなゲームありそうだから余計怖い…。

          『携帯彼氏』の謎を知っちゃうと「なんだ〜」って感じになるんだけど、そこまでたどりつくまではハラハラして読んじゃいます。(本の表紙を汗でヘロヘロにしてしまいました。ゴメンナサイ…。)

          オチはちょっと強引かな…って思ったけど、まあよしとしよう!って感じです。

          …………………………………………………………………………………………

          ここまで書いといて何ですが…、実はネットで読めちゃったりします。
          私も今知りました…。
          ネットで読めるんだったら、本屋で首が痛くなるまで読むんじゃなかった…。

          気になる方はコチラからドウゾ。

          本屋で読むよりも怖いかも〜

          人気ブログランキング
          人気ブログランキングへ♪




          category:★novel | by:あひる | - | - | -

          イニシエーション・ラブ 乾くるみ

          2007.09.09 Sunday 18:32
          0
            イニシエーション・ラブ 乾くるみ

            『評判通りの仰天作。必ず二回読みたくなる小説などそうそうあるものじゃない』
            この見出しにやられて、速攻買って読んでしまった・・・。
            うまいね。宣伝。
            結構、帯に書かれた見出しとか、本屋さんで絶賛みたいなのに弱いのよ。
            まー、そーゆーのは意外と失敗しないからいいんだが。

            さて、今回のこの小説。
            感想はというと、★★★☆☆ってとこじゃ
            ないでしょうか?(いつから★つけるようになったんだ!?)

            鈴木くんとマユの淡い恋愛小説なんだが、二回読みたくなるって事は、
            最後にどかーんと落とし穴があるってのは分かってたし、そのオチがどんなもの
            なのかも、だいたい何通りか予測していました。

            「・・・・、そーきたか!」


            感想、終了!
            category:★novel | by:あひるcomments(0) | - | -

            ぶつり 坂木司

            2007.09.06 Thursday 00:00
            0
              『青空の卵』『子羊の巣』『動物園の鳥』など、ひきこもり探偵シリーズの著者、

              坂木司さんの作品、ぶつり


              ぶつり


              え〜と、感想は、「恐っ」

              上のぶつりから読めるので、暇な方は読んでみて下さい。

              (10分〜20分で読めるかな。pdfなので、開かない人は、acrobat.Readerをダウンロードすれば開きます)



              category:★novel | by:あひるcomments(0) | - | -

              動物園の鳥 坂木 司

              2007.09.01 Saturday 21:56
              0
                試験が終わって、抜け殻と化しているあひるです。

                来年に向けて、再び勉強をしなければいけないのですが・・・、

                ヤル気が全く起きない!


                困った。

                と、思いつつ小説なんて買って読んでみたりして・・・。



                動物園の鳥 坂木 司

                過去にも紹介している、『青空の卵』『子羊の巣』の続編。というか、完結編。

                この人の小説は、ほんとにおもしろいねー。っていうか、読むと暖かい気持ちになる。

                ストーリーがいいのか、文書の書き方がいいのか、不思議と心に響くんだよね。

                でも、今回触れるのはちょっと重い内容・・・。

                「世間体と道徳観念の分離」

                今回の事件の結末に問題視される部分。え?何いきなりって感じですが、読んでいてちょっと心に残ったので、ここで吐き出したいと思います。

                他人の自転車のかごにゴミが入ってるから、自分もゴミを捨てる。

                これは、本の中で挙げられる例えなんだけど、(自転車のかごじゃないが)こーゆー事ってあるよね。(周りを巻き添えにしている・・・)いけないってわかってるんだけど、周りがやっているから自分もいいかなって。赤信号、みんなで渡れば怖くないみたいな。

                みんながやっていること=正しい

                みんなと同じじゃないと=間違っている

                こーゆー考えがエスカレートして、
                ちょっと極端だが、自分では正しい正しくないの判断がつかず、周りに流されてしまう
                人ができあがってしまうんじゃないかなと。

                私が思っているように書きましたが、この様な事が本に書いてあるのです。

                自分で書いていて、よく分からなくなり、結局何が言いたいのかというと、

                自分で善悪の区別がつかない人→増加

                今起きてる恐ろしい事件、いじめ→増加

                という事になるのではないでしょうか・・・。

                だって、最近の事件怖すぎるよ!
                だから事あるごとに、この物騒な世の中につなげて考えちゃうんだよね。


                う〜ん。心温まる小説の紹介が、なんとも暗くよく分からない内容になってしまいました。申し訳ない。





                人気ブログランキング
                人気ブログランキングへ♪












                category:★novel | by:あひるcomments(0) | - | -

                ねじまき鳥クロニクル 村上春樹

                2006.12.30 Saturday 00:00
                0

                  ねじまき鳥クロニクル 
                      〜泥棒かささぎ編〜
                   村上春樹

                  村上ワールド再び子供
                  『海辺のカフカ』にやられ、『ねじまき鳥クロニクル』を読み始めました〜!
                  『ねじまき鳥』は、泥棒かささぎ編・予言する鳥編・鳥刺し男編の3部作になっているらしいのだが、今回読んだのは、”泥棒かささぎ編”。

                  今回は正直、かなり衝撃を受けました。
                  題名からして、『海辺のカフカ』に近いものがあるのかと思っていたのだが、かなり印象が違った。そして、第一部も結構分厚い本なのだが、これから先どういった展開になるのかがまったく分からない!
                  大抵の本って、読むうちに大体のストーリーが分かって、これからこうなるんだなってのが予測できるじゃないですか。でも、『ねじまき』は第一部だけじゃ、ホントに分かんないんですよ!(私の読解力が足りないだけか!?)

                  category:★novel | by:あひるcomments(2)trackbacks(0) | -

                  東京タワー リリー・フランキー

                  2006.12.21 Thursday 17:51
                  0

                    こんだけ話題にもなって、ドラマにも映画にもなって、今さらなんですが・・・。

                    東京タワー リリー・フランキー

                    この本を読んだのは1年前ぐらい。会社を辞めた記念(?)に先輩からいただいた本で、私にはとても色んな意味で特別な本でした。
                    リリー・フランキーという人物。”ココリコ・ミラクル”にでてくる、スケベなおやじって事ぐらいしか知らず、「この人、本も書くのかー」とこの本が売り出された時は思ってました。

                    ここから先は、リリー・フランキーにかこつけて自分のこと。
                    こっぱずかしいので、読みたい人は軽く読んでください〜。
                    category:★novel | by:あひるcomments(0)trackbacks(0) | -

                    海辺のカフカ 村上 春樹

                    2006.12.12 Tuesday 21:58
                    0

                      海辺のカフカ 村上 春樹

                      少し前に話題になった、一冊。
                      単行本になったので、買ってみた。
                      カフカという題名を見て、『変身』を書いた”フランツ カフカ”と何か関係がある本なのかと思っていたが、特に関係なかった。
                      でも、『変身』のように奇妙キテレツな話だが、そこに何らか意味が隠されているような不思議な内容だった。

                      変身:ある日主人公が目覚めると虫になっている自分に気付く。何故虫になったのかという説明は全くなく、その男と家族の日常がひたすら書かれていく。

                      いくつかの何の関連性もないような物語が同時に進行し、だんだん1つに繋がっていくという、ありがちな流れなのだが、他と何が違うって、その繋がった物語の結論がひとそれぞれだという事。
                      説明が難しいんだが、推理小説のように、『答』がでておしまいってゆうのではなく、読み終わった後に『答』を探すってゆうか…。

                      う〜ん、難しいね、説明が、ホントにショック
                      category:★novel | by:あひるcomments(2)trackbacks(0) | -

                      はてしない物語

                      2006.10.30 Monday 16:51
                      0
                        ファンタジー系、続きます…。

                        はてしない物語 ミヒャエル・エンデ
                        映画『ネバー・エンディング・ストーリー』の原作。
                        私は先に映画を観て、超ハマったのですが、原作を読んでさらにハマリました。
                        映画も本もファンタジーものの中では上位をいくかと…。

                        『はてしない物語』は、『ネバー・エンディング・ストーリー』の第一章と第二章がそのまんま載ってます。ただ、やはり映画は映画。
                        この本を読んだら、内容の深さに感動しますね。
                        (だから映画の第三章以降は、勝手に創られたオリジナルです)
                        続きを読む >>
                        category:★novel | by:あひるcomments(0)trackbacks(0) | -

                        PR
                        Calender
                              1
                        2345678
                        9101112131415
                        16171819202122
                        23242526272829
                        3031     
                        << July 2017 >>
                        Selected entry
                        Category
                        Archives
                        Recent comment
                        • 一時保育へ 頑張れ息子よ
                          かのん
                        • 紅葉
                          miho
                        • ドイツ・スイス・フランスの旅_4
                          あひる
                        • ドイツ・スイス・フランスの旅_4
                          越後人
                        • 爆笑レッドカーペット
                          あひる
                        • 爆笑レッドカーペット
                          MIHO
                        • サボテン_2
                          あひる
                        • サボテン_2
                          nana17
                        • サボテン_2
                          あひる
                        • サボテン_2
                          misa
                        Link
                        Profile
                        Search
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM