スポンサーサイト

2012.03.30 Friday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    美しき江南旅情5日間ー其の壱ー

    2007.10.15 Monday 14:37
    0


      美しき江南旅情5日間・・・、という事で、上海・蘇州・無錫・杭州・紹興へドタバタと行ってきました。
      3年前に中国に行き、ヒドイ目にあったにも係わらず、またしても中国方面へ行ってしまった・・・。今回も色々とあったが、無事帰国しました悲しい

      丁度、この時台風が着ていて、中止かな〜って思っていたのだが、なんとか飛行機飛んでくれました(汗)だけど、上海は大雨でした・・・。

      →ここから長いです。単に、旅行の記録ですメール
      【1日目】上海

      いやー。雨・雨!
      着いたのは、夕方で本当ならば黄浦江クルーズをして、夜の美しい上海の夜景を見る予定だったのだが!台風のせいで、上海の街は真っ暗。
      ツアーのガイドさんによると、台風で今日は学校も休みで、会社の人もさっさと家に帰ってしまい、ライトアップもしてないそうで。

      もちろん、船なんて出ていないから、黄浦江クルーズ中止・・・。
      やる事ないので、上海雑技団を見てその日は終了ー。

      この日のホテルは、LANSHENG HOTEL SHANGHAI。

      【2日目】上海→蘇州→無錫
      台風の影響は初日のみで、2日目はどんより曇り空。
      ■上海のライトアップで有名なテレビ塔を、見学。(遠くから)
      「なるほど」←感想。

      ライトアップをしたら、キレーだったんだろうな・・・悲しい

      ■豫園(よえん/ユィユアン):黄浦江のほとり、市外の東南に位置し、明時代の嘉靖年間(1577年)に建設された、中国独特の江南庭園建築芸術の特色を持つ古代庭園。


      (余談)ガイドさんの話によると、上海は今子供の教育に対し、すごく競争が激しいらしい。家から学校までが遠い場合は、学校の側にあるマンションを購入してしまったりする程。土日は、子供の習い事の予定がぎっしり詰まっているとか・・・。上海の子供達は、日本の子供より忙しい生活を送っているようだ。




      上海から蘇州へ移動。バスで約1時間半。今回5日間乗るバスは、小さくて小汚いバス。長時間乗ると結構ツライ・・・。

      ■留園(りゅうえん):蘇州四大庭園に数えられる名園。蘇州で2番目に大きい。

      ■寒山寺(かんざんじ):蘇州の庭園以外の必見スポット。梁代の天藍年間(502年〜519年)に創建された古刹。 唐の時代に寒山と拾得がここで修行していた為、寒山寺という。詩人(唐)張継が「楓橋夜泊」を詠って以来、寒山寺は全国的に有名になった。

       月落烏啼霜満天  江楓漁火對愁眠 
         江楓漁火對愁眠  夜半鐘聲到客船

      (意味)月は冴えて水の面に映り、烏がないて、霜の気配が天に満ちている。川岸のかえでの間には、いさり火が点々として、旅愁のためにうつらうつらとして眠れない私の目にうつる。そんな折、姑蘇城外の寒山寺から打ち出す夜半を告げる鐘の音が、私の乗っている旅の船にまで響いてきたのであった。

      黄浦江クルーズが中止になった代わりに、蘇州の運河のクルーズ。運河沿いに、蘇州に住んでいる人々の家があり、家の裏側を見る事ができた。ガイドさんの話によると、ここには、お風呂もトイレもないそうで、トイレはおまるに、お風呂は1年に1度という人もいるそうだ。運河はハッキリ言って、かなり臭いショックそれは、生活汚水がすべて運河に流れているから。でも、そこに住んでいる人達にとっては、大切な水。だけど、お米をその水で洗っているのには、さすがに驚いた。

      観光終了後、再びバスにて無錫へ。この日の宿泊は、JINLUN HOTELでした。
      夜、コンビニを探しに無錫の街を徘徊したんだが、恐ろしかったのは横断歩道!上海でもそうだったが、ここの横断歩道には信号がある所もあるが、ない所がほとんど!車がビュンビュン走っているところを、人がふつーに渡っている・・・。試しに渡ってみたが、めちゃくちゃ怖い!車は止まってくれず、猛スピードで走ってくるから、道路の真ん中でとり残され、進めないは戻れないわ・・・。

      【3日目】無錫→烏鎮→杭州

      3日目もまた、ハードです。天気は、晴天。台風が嘘のよう・・・。

      ■太湖遊覧:太湖は、中国で4番目に大きい湖。面積は、琵琶湖の3倍以上。水産物に恵まれ、古来から「魚米の郷」と呼ばれてきた。

      太湖遊覧終了後、再びバスにて杭州へ。その途中で、烏鎮に立ち寄った。

      ■烏鎮(うーちん):烏鎮は浙江省の北部に位置し、京杭大運河は町を廻って流れていく。町内をクリークが縦横に走リ、水路が網のようになっている。


      この旅行。船ばっかり乗ってる気がする・・・。船→バス→船→バスみたいな(汗)
      烏鎮を散策した後は、バスで杭州へ・・・。この日のホテルは、CROWN PLAZA HANGZHOUでした。もう、3日目となるとぐったり。外に出て杭州を散策する気になれず・・・。

      ※今回の旅の記録は、書く内容が多いので、2回に分けて・・・。

      人気ブログランキング
      人気ブログランキングへ♪
      category:★旅行 | by:あひるcomments(0) | - | -

      スポンサーサイト

      2012.03.30 Friday 14:37
      0
        category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
        Comment








           

        PR
        Calender
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        • 一時保育へ 頑張れ息子よ
          かのん
        • 紅葉
          miho
        • ドイツ・スイス・フランスの旅_4
          あひる
        • ドイツ・スイス・フランスの旅_4
          越後人
        • 爆笑レッドカーペット
          あひる
        • 爆笑レッドカーペット
          MIHO
        • サボテン_2
          あひる
        • サボテン_2
          nana17
        • サボテン_2
          あひる
        • サボテン_2
          misa
        Link
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM