スポンサーサイト

2012.03.30 Friday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    母の記録15

    2012.03.30 Friday 09:28
    0
      「眠ったままの状態でも、生きていてくれさえいればいい。」


      「うん。そうだね。生きていてくれれば。」



      その日も、父と母のお見舞いに行った帰りに話していた。

      母は相変わらず眠っていて、でも私達の話しかけに答えるかの様に、指を動かしていた。



      「きっと、私達の声は届いているんだよ。」


      「また明日来よう。」



      明日は来なかった。



      入院から15日目の朝1時頃。


      ソミド〜ソミド ♪ ソミド〜ソミド ♪


      病院からの着信音であるメロディーがなる。嫌なメロディーだ。

      深い眠りについていたにもかかわらず、飛び起きる。着信音だけで起きれる位だから眠りは浅かったのかもしれない。




      その時が来てしまったんだ。




      すぐにそう悟った。

      電話にでると、案の定「危ない状態です。すぐに来てください。」と。

      父と息子を起こし、親戚に知らせる。

      いつかはこの日が来るんだと覚悟していたせいか、この時はすごく冷静でかなり頭はしっかりしていたと思う。




      病院につくと、既に親戚が集まって泣きながら母に話しかけている。

      また来るのが最後になってしまったとそんな事を思いながら病室に入る。

      お見舞いに行くといつも必ずしていた、母のモニター確認。血中酸素濃度の量、血圧、心拍数。

      先生に

      「血圧が下がったら危険だと思って下さい。」

      以前、そう言われた事を思いだす。


      母の血圧はかなり低下していた。血中酸素濃度も60に。





      あぁ、もうダメだ。





      モニターを見て、母の最期が近づいている事を強く思った。



      「お母さんの傍に!早く!」

      叔母さんにそう言われ、すぐに母の元に行く。

      母の顔を見てゾッとした。




      母だけど、母じゃない。




      うっすらと開いた片目が空をボンヤリ見つめている。



      はぁーーー はぁーーーー


      と、深くゆっくりした呼吸を繰り返している。


      まるで眠るかの様に死ぬ。


      そんな表現をよく耳にするが、母の場合そんなキレイなものじゃなく

      見ていて辛くなく様な姿だった。


      母の手を握る。



      冷たい。



      声をかける。


      「お母さん、よく頑張ったね。頑張った。今までありがとうね。」


      こうゆう時、泣き崩れたりするのかと思ったけど、私の冷静さはまだ続いていて、親戚が見守る中、これ以上何を話せばいいか分からなくて、とにかく手を握り続けた。


      「かっちゃん!かっちゃん!」

      叔母が泣き崩れる。


      父も泣いている。


      「お母さんの手がだんだん冷たくなっているよ。」


      周りの様子を冷静に観察している私



      その時、母と目が合った。



      母はもう何も見えてないと言われたが、あの時、母は私を見てその後父を見た様な気がした。


      死ぬ間際なんて、本人しか知らない。


      見えてるか見えてないかも本人しか知らない。


      でも、母はきっと声も聞こえて、目も見えていたんだと思う。


      だから今少し後悔している。あの時もっと話かけてあげればよかったと。





      母は最後の力を振り絞って、私と父を見たんだ。


      たった3人の家族で、何をするのも一緒。


      喧嘩もたくさんしたけど、仲が良くて、どこへ行くのも一緒だった。


      私は結婚して家を出てしまったけど、それでも母の癌を父と支え続けた。


      父と母と私の絆はとても強かったから、母は私と父を目に焼き付けたんだと


      そう思う。




      母の呼吸が次第に浅くなり、心臓が止まる。


      ピーーーーーーー


      先生が来て、脈と目を確認して


      「ご臨終です。」


      と、告げる。



      私は母の姿をじっと見つめた。


      誰も声を出さず、とても静かな臨終だった。





      お母さん、ありがとう。




      心の中でつぶやく。


      それからは、葬儀屋に電話をしたり

      葬儀の事を父と話したりで、バタバタして

      ゆっくり悲しんだりする事は当分なかった。




      約4年の闘病生活を終え

      母はやすらかな眠りについた


      癌とは本当に恐ろしい病で

      生きながらに地獄を味わい、そしてじわじわと死においやっていく


      母を傍で見守っていて

      その恐ろしさを知り、同時に健康であること、未来があることがどれだけすばらしいことかを知った


      だからこそ、一日一日を大切に過ごさなければいけないと思う

      親の死は子供に最後に教えること、と言われる。

      私は母の死から未来があることの大切さを教わった。


      これからはそのことを自分の子供達にも教えてあげたい。



      一日一日を大切に生きるということを





      おわり



      「母の記録」を終え、このブログ『すばらしき日々』を終わりにしたいと思います(^^)

      すごく不思議なんだけど


      母が私に教えてくれたことと、このブログのタイトルが最後に繋がった!


      何だか運命的なものを感じる(大げさ)


      約6年ぐらい?続けたこのブログを手放すのはとても寂しいけど、心機一転、新しいブログを立ち上げました。

      長い間、訪れてくれた方々(いないか)ありがとうございました!

      ★このブログはこのまま見れる様にしておきます。


      男の子2人、育ててます(^^;)←new!!是非遊びに来てください(^^)
      category:★母のこと | by:あひるcomments(0) | - | -

      スポンサーサイト

      2012.03.30 Friday 09:28
      0
        category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
        Comment








           

        PR
        Calender
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        • 一時保育へ 頑張れ息子よ
          かのん
        • 紅葉
          miho
        • ドイツ・スイス・フランスの旅_4
          あひる
        • ドイツ・スイス・フランスの旅_4
          越後人
        • 爆笑レッドカーペット
          あひる
        • 爆笑レッドカーペット
          MIHO
        • サボテン_2
          あひる
        • サボテン_2
          nana17
        • サボテン_2
          あひる
        • サボテン_2
          misa
        Link
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM